②1994年~96年*商品を売る前に自分を売り込んでみよう!

f:id:higenukidandyism:20210811095909j:plain

みなさん、こんにちは!
髭抜き(ひげぬき)ダンディズム・アンチエイジング藤原です。

 

朝ランニング連続514日
今朝は涼しかったですね。今日はテレワークなので、
ラジオ体操の時間に合わせて、6:00からランニング開始!

 

禁煙したので、昨日は仕事中、ずっと椅子に座りっぱなし、
ラジオ体操で身体をほぐして、背筋を伸ばして頑張ります!



さて、今日も、新入社員の頃のエピソードを書いてみます。

 

わたくしこと「アンチエイジング藤原」は・・・
小型機械メーカーの営業マンとして働き始めましたが、
進むべき道が見えず、途方に暮れる毎日・・・

 

悩んでも仕方ないので、腹を据えて開き直りました。

 

今の自分ができることに集中しよう!と・・・

 

営業経験のない=営業経験値レベル0でも、何かできるはず!
商品知識もなく、業界情報にも疎い・・・新人営業マンができること!

 

とりあえず、販売店に訪問した時に、
大きな声で元気よく「こんにちは!」と挨拶を始めてみました。

 

売店には、修理工場もあり、絶えずコンプレッサーの音が鳴り響いています。普通の声で挨拶しても聞こえないので、腹の底から大声で叫ぶことにしました。また、オーナーだけでなく、修理工場のエンジニアさんや事務員さんなどすべての人に挨拶することにしました。

 

オーナーは、自分の親父もしくは祖父さんと同じベテランで、
レベル100に近い・・・ボスキャラ・・・
レベル0の営業マンでは、まともに話すことができません。

 

まともに話せないので・・・
店に入ってから、店の手伝いをすることにしました。

 

商品が売れていたら、倉庫に取りに行き、新品を陳列したり、展示商品の埃を拭いたり、カタログやポップを飾ったり、自社商品の修理が入っていたら、その修理を手伝ったり・・・軽快なフットワーク!

 

身体そして若さで勝負しました!



それから何度も訪問を繰り返し、
ひたすら・・・店の手伝いを続けていたら・・・
名前を呼んで貰えるようになりました!

 

「おい!藤原くん、お茶でも飲むか?」と・・・

 

その言葉を聞いた時は、むちゃ!嬉しかったですね。



で、黙って一緒にお茶を飲んでいたら・・・
「営業に来たんだろ?何か良さそうな商品はあるのか?」
と、話しかけてくれるようになりました。

 

その言葉を聞いた時も、むちゃ!嬉しかったですね。



それから、段々と名前を呼んでくれるオーナーさんが、
一人また一人と増えていきました。

 

「今日は(仕事)終わりだろ!晩飯でも食ってくか?」
オーナーのご家族とも一緒に過ごす機会が増えていきました。

 

自分にできることから始めて、多くのお客様と親しくなり、
商品説明や実演もできるようになりました。(一皮むけた?)

 

すると・・・どんどん商品を購入して貰えるようになりました!