自分を楽しもう!Enjoy Myself!Enjoy My Life!  

100歳まで、若々しく元気に生きていこう!

疑心暗鬼に陥らないように・・・営業の秘訣!孫子の兵法*息壌の誓い!

f:id:higenukidandyism:20210819075718j:plain

みなさん、こんにちは!
髭抜き(ひげぬき)ダンディズム・アンチエイジング藤原です。

 

朝ランニング連続522日!
今朝は、びしょ濡れ・・・シャワーランでした。
なので、超速スピードで走ってきました。湯気が出ましたね。



さて、海外営業編に入りましたが、
今日は、ちょっと閑話休題・・・
海外営業で注意すべきことを書いてみます。



営業最前線の状況は、
会社の中にいる人たちには理解して貰えません。

 

なので、たびたび、疑心暗鬼に陥ることがあります。

 

それはフロントライン・シンドロームと呼ばれています。
いわゆる「人間不信」・・・

 

あの時、僕は平社員だったので、
パワハラ上司を飛び越えて、上層部に直訴できませんでした。
もちろん、パワハラ上司の言葉を鵜呑みにした上層部に対し・・・
不信感で一杯になりました。誰も信じられなくなる状態ですね。



ちなみに「孫子の兵法」で息壌の誓いいう戒めがあります。

 

最前線に赴いた将(営業責任者)と、
君主(社長)の距離が乖離しないように、
十分すぎるほど注意しなければならない・・・

 

最前線に赴くことは、辺境の地に行くことになります。

 

本陣(会社)から物理的に距離が開いてしまうと
君主と将・・・お互いの意思疎通が齟齬になり、
最悪の場合、人間関係が壊れてしまうそうです。

 

君主(社長)の支援、つまり、信用&信頼の保証があって、
将(営業)は、最前線で戦い(営業活動)に集中できます。

 

なので、海外出張で本社から離れる時は・・・
相互の意思疎通は容易ではなく、
些細なことでも相互不安が膨らみ、
疑心暗鬼に陥る危険性が生じてしまう!ので注意しなさい!と。

 

ビジネスにおける報連相が重要なことを
中国の古典孫子から読むことができます。



今日は、ちょっと真面目な話でした。